Translate

☆出演情報☆

菊沢将憲 Official Site


出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]

☆5月16日DVD発売!☆
出演作「わたしたちの家」を含めた4作品が収録されているDVD
『東京藝術大学大学院映像研究科 第十一期生修了制作作品集2017』
5月16日に発売されます!

終了しました!⭐︎2018年3月22〜25日⭐︎

2018年 3月 22日(木) 〜 3月 25日(日)

ミクニヤナイハラプロジェクト『曖昧な犬』
作・演出:矢内原 美邦
web ⇨ http://www.nibroll.com/aimai-dog.html


終了しました!⭐︎2018年4月6-7日⭐︎
アンジェリカ・リデル ¿Qué haré yo con esta espada?
シャウビューネ劇場(ベルリン)にて開催される
Festival of International New Drama 2018にて上演。

詳細はこちら⇩

終了しました!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …

⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」

PFFアワード2016入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2015年2月23日月曜日

目標を間違うな。

「エッグ」東京公演も終わり、打ち上げを楽しみ、天気のいい朝ほっと一息。
ぼちぼちパリの準備を。

東京公演は三週間、一週目ギリギリ挑んで、二週目ちょっと息切れしながら模索して、三週目新しいとこに入って芝居の面白みを日々噛みしめられるようになってきたとこで千秋楽。
トオルさんが言うには昨日で「エッグ」は初演から85ステージ目。
何度やっても、どれだけやっても、やればやるほど発見が出てきて、やることは尽きない。

野田さんのダメ出しはもちろん、本番中に穴があくほど見つめている共演者の演技、舞台監督さんのちょっとした一言の中にもにも芝居の世界がぐうっと広がる芽が顔を出している。
扉を閉めるときのタッチをやわらかくしたり、いつも見ない方角にちょっと顔を向けてみるだけで、違う世界が広がり、違うトーンの芝居に出会える。

舞台の上は最高の遊び場でもあり、同時に戦場でもあるから、大きな危機が訪れることもある。
その危機をどう受け止めていくのか、どうクリアしていくのか、同じ舞台上でその姿を間近に見ながら、演技と相まって涙が流れてしまうこともしばしば。

「教えて下さい」なんて思わないし、「教えてやろう」なんて人も一人もいないけれど、共に舞台に立つことや日々の何気ないつぶやきやぼやきの中に大先輩の経験が詰まっている。

メインキャストとかアンサンブルとかいう区切りは自分が作り出しているに過ぎない。
舞台に立つ以上は一人の役者。
いい舞台にしていくため、日々芝居を磨き、立ち続けるだけだ。

ヨシダソースの社長も言っていた。
成功とか金とかを目標にして何かをしていたら、いつか見失う。
ただこの瞬間、ソースを一本一本売ることで最高に自分が充実してきたからやってきただけ。
目標を間違うな、と。

次は、パリだ。

2015年2月22日日曜日

ノダマップ「エッグ」東京千秋楽

ノダマップ「エッグ」東京公演もいよいよ千秋楽。

やればやるほど面白くなる。
まだまだこれから。

2015年2月20日金曜日

お別れ会

黒田育世さんの舞台に出演していた頃お世話になったハイウッドの土屋さんお別れ会@西新宿。

いろんな人が訪ねてきます。
はじめにお世話になった時からもう6〜7年。
時が経つのは早いものです。

都庁にオリンピックの旗がひらめく。

2015年2月19日木曜日

春節

今日は春節。
中国のお正月。

終演後、友人の中国人の家で一緒にお祝い、大量の餃子をみんなで作って食べました。

めでたしめでたし。

さあ、明日はマチソワ。
「エッグ」東京公演も残すところあと4日です。

2015年2月16日月曜日

デニス・ホッパー

 
NODA・MAP「エッグ」東京公演も残すところあと一週間。
三週間の公演は本当に短い。あっという間だ。
いつもなら、まだ半分もいってないくらいのところなのに。
そのあっという間の中にも、たくさんのドラマがある。
一瞬こそが永遠。

はじめに目指した地点を見失わないこと。
進んでいないように思えても、焦らずくさらず。
本当に大切なとこはぶれちゃいけない。

池袋にある大好きな古本屋さんで「デニス・ホッパー 〜狂気からの帰還〜 」を手に入れる。
いい古本屋はひとつの美術館のようだ。いつまでも本棚を眺めていたい。
デニス・ホッパーは「イージー・ライダー」「地獄の黙示録」「ブルー・ベルベット」など大好きな映画で強烈な演技を放つ鬼才の人。独自の哲学に沿った仕事のやり方、選び方が最高にかっこよい。

映画、芝居、ダンス、何でもいい、とにかく桁外れのものをつくるのだ。
永遠に通じるものを。

2015年2月9日月曜日

幻想絶佳




目黒にある東京都庭園美術館で開催中の「幻想絶佳:アール・デコと古典主義」に足を運び、パリの最もよかった時代のアール・デコ作品を心ゆくまで堪能してきました。

特にジャン・デュパ、ルイ・ビヨテ、ロベール・プゲオンなどアール・デコを代表する画家たちの絵画に間近で触れ、芸術の持つ豊かさ、楽しさ、明るさ、美しさ、力強さといった最高の要素を太陽の光のように燦々と浴びることができ、連日の舞台で磨り減った心と身体に最高の栄養になりました。

パリに残るアールデコの情報もたくさん仕入れたので、ノダマップのパリ公演が本当に楽しみです。
なんといっても劇場のあるシャイヨー宮こそパリのアールデコを代表する建築物なのですから!

庭園美術館を出た後の東京の街並みはさっきまでのアールデコの絢爛豪華な世界とは別世界でしたが、帰りがけに馴染みの古本屋さんが取っておいてくれた斎藤真一展のカタログを手に入れることができていい気分です。

近づくパリに想いを馳せながら、明日からもノダマップ「エッグ」の世界を駆け巡ります。

2015年2月6日金曜日

難波田史男の世界

世田谷美術館で開催中の「難波田史男の世界」。

不慮の事故により32歳の若さで亡くなった難波田史男の作品、約250点が展示されています。
絵から溢れる凄まじいエネルギーに圧倒されました。
無名の青年画家の闘いの記録。

2月8日まで。

難波田史男の世界

2015年2月4日水曜日

ノダマップ「エッグ」初日!

ノダマップ第19回公演「エッグ」無事に初日を迎えました。

昨日はゲネプロらしいゲネプロ、そして今日は初日らしい初日でした。

初演に引き続き、審判はじめいろんな役で突っ走っています。
やることはまだまだたくさん。
これからはじまる49回の旅。

当日券も毎日出ておりますので、ぜひ足をお運び下さい。

劇場にてお待ちしております!

2015年2月3日火曜日

戦場のガールズ・ライフ!

世田谷文学館で開催中の「岡崎京子展」。

ずっと楽しみにしていましたが、ようやく足を運ぶことが出来ました。

岡崎京子さんの漫画の内容もさることながら、その「絵」が大好きなので、原画が見れるというのは何よりうれしいことでした。

これぞ女の漫画道。

まだ読んだことのない漫画があったので、これから探して読んでゆかねば。

岡崎京子展