Translate

☆出演情報☆

出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

2018年1月13日よりHEADZ配給によりレイトショー公開決定!
『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]
上映の詳細はこちら⇨ faderbyheadz.com/ourhouse.html

舞台出演!⭐︎2017年10月〜12月⭐︎

東京芸術劇場シアターオペラvol.11全国共同制作プロジェクト

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》

全3幕 日本語字幕付 イタリア語上演

演出 河瀨直美 指揮:広上淳一
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
10月15日(日)新潟県 りゅーとぴあ
新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
10月27日(金)・29日(日)

東京都 東京芸術劇場 コンサートホール
11月8日(水)

石川県 金沢歌劇座
11月12日(日)

富山県 新川文化ホール 大ホール
12月7日(木)

沖縄県 沖縄コンベンションセンター

詳細はこちらから

プッチーニ/歌劇『トスカ』《新演出》   東京芸術劇場


舞台出演!⭐︎2017年12月22日⭐︎
​アンサンブル室町 in 歌舞伎町! ー祝10周年ー
2017年12月22日(金) 開場18:30 開演19:00
会場:新宿FACE http://shinjuku-face.com/
チケット 全席自由(ワンドリンク込み)
一般前売 5,000円 一般当日 5,500円 
学生前売 3,000円 学生当日 3,500円
助成:芸術文化振興基金・野村財団・朝日新聞文化財団
詳細は以下のリンクにてどうぞ。
https://www.ensemblemuromachi.or.jp/2017


舞台出演!⭐︎2018年3月下旬⭐︎

ミクニヤナイハラプロジェクト最新作『曖昧な犬』

作・演出:矢内原美邦

会場:吉祥寺シアター


舞台出演!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

アンジェリカ・リデルの舞台の再演です。

スペイン・マドリードのカナル劇場にて。

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018
Un enfrentamiento entre la prosa del Estado y el arrebato del Espíritu


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …



終了しました!⭐︎2017年4月21〜23日⭐︎

Theater LOV第2回公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

作:田尾下哲 演出:田尾下哲/田丸一宏

Theater LOV http://www.theaterlov.com


終了しました!⭐︎5月21日東京入谷で上映イベントやります⭐︎

『世界に杭を打つ!上映会 vol.1』

2017年5月21日(日) 会場:SOOO dramatic!(台東区入谷)

オフィシャルサイト⇨http://sekainikuiwo.strikingly.com

上映会ブログ⇨


終了しました!⭐︎2017年6月4日 出演映画3作一挙上映!⭐︎

『清原惟監督レトロスペクティブ わたしたちの映画』
会場:SCOOL  

終了しました!⭐︎2017年6月9日⭐︎

Angélica Liddell
¿Que haré yo con esta espada? (And what will I do with this sword?)
SHEROVER HALL, JERUSALEM THEATRE

詳細はこちらをクリック→More Info>


終了しました!主演映画&監督作品上映!⭐︎2017年7月23日⭐︎

松本一哉「落ちる散る満ちる」リリースツアー 横須賀公演

飯島商店⇨iijimashouten.tumblr.com


終了しました!⭐︎2017年7月28日⭐︎

清原惟監督作品『わたしたちの家』上映会
日本キリスト合同教会つるかわ台教会


終了しました!主演映画上映!⭐︎2017年8月⭐︎

映画『OVER, UNDER, AROUND & THROUGH』

パフォーマンス『黒と白と幽霊たち』の2本立て

終了しました!⭐︎4月29日に福岡にて上映!⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」PFFアワード2016に入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2017年10月16日月曜日

オペラ『トスカ』新潟公演終了!



河瀨直美さん演出のオペラ『トスカ』新潟での初演は無事に終了いたしました。温かい拍手ありがとうございました!みんなで壁にサイン。帰りは新潟駅構内のぽん酒館にて助演4人で乾杯。それぞれのイメージで日本酒を選び、山口君が選んでくれたのは久須美酒造の清泉。おいしかったです。さあ、次は東京公演です!

2017年10月12日木曜日

鳥は歌わない ただ泣き叫んでいる



リンチに続いて新宿K's cinemaの「誕生!ヘルツォーク」にて未見のドキュメンタリー「問いかける焦土」と「キンスキー、我が最愛の敵」を。黒煙が怪物のように迫る「問いかける焦土」は北朝鮮のことを思いながら観てました。アテネフランセで観たクルーゲの映画もそうだったけど、ドイツの硬派の映画監督の「退屈なのはお前の責任だ」と言わんばかりに挑みかかってくる映画、抵抗あるけど好きです。「キンスキー 我が最愛の敵」は監督がカメラの前で彼はこんな人だったと語ることから生まれてきたとても美しい映画でした。キンスキーはギリギリのところをこえて遠いところへいってしまったんだろうなあ。

“鳥は悲惨だ 鳥は歌わない ただ泣き叫んでいる”  ヴェルナー・ヘルツォーク


2017年10月11日水曜日

角川シネマ新宿「デヴィッド・リンチの映画」


ずっと楽しみにしていた角川シネマ新宿「デヴィッド・リンチの映画」へ。最も好きな映画の中のひとつ「インランド・エンパイア」を。今までで一番理解できた。47のことも。裕木奈江のシーン相変わらず最高。

こうして「イレイザーヘッド」と「インランド・エンパイア」を並べて観ると構造はほとんど同じ。ただ、どちらにも奇妙な人々と奇妙な出来事が現れるけど、前者はおかしみを、後者は不吉さを、次々と映画の中に持ち込んでくる。そこが大きく違う。

「イレイザーヘッド」を観ていて、塚本晋也監督の「鉄男」と同じ映画なんじゃないかと思うところがあったので、機会あればいつかこの二本を二本立てで上映してみたいと考えてます。


2017年10月10日火曜日

副指揮の辻さん

河瀨直美さん演出オペラ「トスカ」昨日の稽古場。副指揮の辻さんは野田秀樹さんの「フィガロの結婚」に引き続きお世話になっています。現場をハッピーにするお人柄と力強い歌声は相変わらずです。カバーで参加していただいているみなさんの演技も素晴らしく、お見せできないのがとても残念です。

    プッチーニ 《トスカ》 「歌に生き恋に生き」 マリア・カラス

2017年10月9日月曜日

河瀨直美さん演出オペラ「トスカ」新潟へ!

河瀨直美さん演出オペラ「トスカ」稽古場での稽古終了!次は初演の地、新潟へ。助演チーム4人は河瀨さんの現場らしくみんな映画好き。特に山口君(後方真ん中)の「好きな映画の好きなシーン物真似」はかなりのクオリティ。それはさておきチケット売れゆき好調の新潟のお客様、どうぞお楽しみに!

2017年10月6日金曜日

ラブリー


昨夜、久しぶりにテレビで小沢健二さんを見ました。
何気なくつけて、そのままじっと。
中学生くらいの頃に一世を風靡していた人。
「ラブリー」なんかはそれまで聴いたことのないような、
天上から聴こえてくるかのような音楽でした。

昨夜の演奏もよかったけど、朗読もよかった。
今の日本に対してとても切実に思うことがあるんだろうけど、
そのすべてを「よい意味で」とカッコ書きにしていた。

悪はそれ自体では力がない。
たぶん、悪というもの自体が存在しないからだ。
その悪という概念に力を持たせるのは、それを目にした人たちの思念。

「よい意味で」捉え、悪から力を奪い(というか力などもともとない)無害化していく力を持っているのはそこにいる自分たちなんだ。今の日本では、そのことが試されている。悪(と思われる行為)を行う者よりも、それに直面している人たちの態度が、生き方が問われている。

新手の自己啓発系の荒々しく周囲を巻き込んでいく動きも出てるけれど。

一人一人が考えよう。
一人一人で行動しよう。
共感はしようとするものではなく、自然に湧き上がってくるもの。

自分に責任を持って生きていれば、
世の中がどうなろうとも、
自分が何をすればいいかは自分で考えられるし行動できる。

いつか本当の絶望や恐怖の淵に立たされる時が来るかも知れないけれど。
それでも。

自分で。
自分が。

ポップスの王子様は、とてつもないアバンギャルドでしたとさ。




2017年10月5日木曜日

映画 “Walker”について

出演した短編映画 “Walker” 監督の今野さんが撮影について書いた日記。 日常が通じていれば、お互いが日記を書くように「撮る/撮られる」の関係が出来ていきます。役者に必要なのは、その出会い。その関係の中で「演技」はただの「演」になります。「技」は必要なくなり、ただ演じるだけ、在るだけの状態になります。大切なのは関係です。それだけです。

“Walker”⇨