Translate

☆出演情報☆

菊沢将憲 Official Site


出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]

☆5月16日DVD発売!☆
出演作「わたしたちの家」を含めた4作品が収録されているDVD
『東京藝術大学大学院映像研究科 第十一期生修了制作作品集2017』
5月16日に発売されます!

終了しました!⭐︎2018年3月22〜25日⭐︎

2018年 3月 22日(木) 〜 3月 25日(日)

ミクニヤナイハラプロジェクト『曖昧な犬』
作・演出:矢内原 美邦
web ⇨ http://www.nibroll.com/aimai-dog.html


終了しました!⭐︎2018年4月6-7日⭐︎
アンジェリカ・リデル ¿Qué haré yo con esta espada?
シャウビューネ劇場(ベルリン)にて開催される
Festival of International New Drama 2018にて上演。

詳細はこちら⇩

終了しました!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …

⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」

PFFアワード2016入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2014年11月21日金曜日

片腕上海記「もっともっとタフに」

「片腕」上海ツアー二日目は、劇場入りまで時間があったので、ノゾエさんと二人で上海見物をしました。 少しずつその様子を。

まずホテルを出て上海展覧中心を目指して歩き始め、静安寺近くの歩道橋で二胡を弾くお爺さんに出会いました。 お金を缶に入れると見えているのかいないのか分からない眼をこちらに向けてニカッと笑います。 味のあるいい演奏でした。 きちんと整備された歩道橋の上だったので、このお爺さんの存在がひときわ際立っていました。

上海は物価もたいして日本と変わらないし、紙のないトイレにも出会わなかったし、空気も言われているほど汚くありません。 見た感じは東京にも勝る美しい大都市なのだけれど、こうしたきれいさのちょっとしたほころびの中から貧しさや汚さやどうしようもなさが顔をチラッチラッと見せる瞬間があって、それを見るたびに中国が好きになります。

東京の地下鉄の通路なんかより何倍も美しい通路で「これ、誰が買うの??」って聞きたくなるような物を売ってる物売りがずらっと並んでいたり。

人民公園という大きな公園の隅っこで、誰に聴かせるのか、何のためにやっているのか、スマホを耳に当て、そこから流れる音楽に合わせて延々指笛を吹き続けている人がいたり。鳥がその指笛に応えて一緒に美しい声で歌っていました。

まさに「きれいはきたない、きたないはきれい」の世界。
世界の本質ここにあり。

汚ないものを排除せず、どのように受け入れていけるのかというところにその世界の豊かさが見えてくる気がします。 そんな国の方々の前で芝居をやるのだな、とその日の夜の公演に向けていい緊張感が出来てきたのを覚えています。

世界の中でも特殊な日本のルールやシステムを当たり前だと思っていると、世界の中ではたくましくやっていけないのだなと痛感。 芝居も人生ももっともっとタフにいかなくちゃと強く感じた上海の3日間なのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿