Translate

☆出演情報☆

菊沢将憲 Official Site


出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]

☆5月16日DVD発売!☆
出演作「わたしたちの家」を含めた4作品が収録されているDVD
『東京藝術大学大学院映像研究科 第十一期生修了制作作品集2017』
5月16日に発売されます!

終了しました!⭐︎2018年3月22〜25日⭐︎

2018年 3月 22日(木) 〜 3月 25日(日)

ミクニヤナイハラプロジェクト『曖昧な犬』
作・演出:矢内原 美邦
web ⇨ http://www.nibroll.com/aimai-dog.html


終了しました!⭐︎2018年4月6-7日⭐︎
アンジェリカ・リデル ¿Qué haré yo con esta espada?
シャウビューネ劇場(ベルリン)にて開催される
Festival of International New Drama 2018にて上演。

詳細はこちら⇩

終了しました!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …

⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」

PFFアワード2016入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2016年9月26日月曜日

最高に優しいのに深く心に突き刺さる

毎日、急な坂スタジオへ。
真夏じゃないからあの坂もまだがんばれる。
ミクニヤナイハラプロジェクト「桜の園」、昨日稽古二日目で何とか通して、今日も通して確認作業。せっかくの再演なので、やることだけに必死だった初演を越えて、しっかりと味わいながら、もっとライブ感を楽しみながら演じていこう。
監督と役者、まったく使うとこが違うのでギャップがすごいけれど、単純に身体を動かして汗かいて走り回れる役者は、疲れ方が心地いい気がする。秋から冬ははうまく決まれば映画いくつかと、ダンス作品がひとつ。役者で人の映画の画面に映るってことをもう一回しっかり確かめていきたい。そして自分の映画も続きを撮りたい。まったく新しいのもひとつ。
PFFに出品したことでいろいろ経験したけれど、そのことで自分の映画を変えることは、たぶんない。変わることはあるかも知れないけれど。賞を獲ったり獲れなかったりいろいろあるけど、散々地べた転がり回りながらここまでやってきたから、いいことも悪いことも、まったく同じ距離感で、まったく同じ感情で受け容れられる。
賞を獲ったことで次を撮れなくなった監督も知っている。
(もちろんその逆も星の数ほどいるだろう)
何がいいことで何が悪いことだか、はっきりと決めつけることは出来ない。
人生が終わるまで、とにかく自分のやるべきことを眈々と続けるだけだ。誰が勝とうが負けようが。勝った人が本当に勝っているのか、負けた人が本当に負けなのか、それは誰にも分からない。ただ、眈々とやっていると、勝手に周りが自分から転がり落ちていく、というのも知っている。だから人を蹴落とす必要もない。ただ眈々と一人になるまでやっていれば、自然に一番になれる。それだけだ。だからずっとつくる。つくり続ける。眈々と。眈々と。
つくれなくなること、つくりたい気持ちがなくなってしまうこと、それが自分にとっての死なのかも知れない。

今、一番欲しいもの。
最高に優しいのに深く心に突き刺さるもの。



0 件のコメント:

コメントを投稿