Translate

☆出演情報☆

菊沢将憲 Official Site


出演した短編映画が完成しました。

“Walker”
Cast / Masanori Kikuzawa Wakako Hashimoto Yuichiro Konno
Music / Ryuichi Sakamoto「walker」「tri」
Camera,Edit,Direction / Yuichiro Konno
視聴はこちらからどうぞ⇨ https://vimeo.com/236178018

祝!出演映画が第39回ぴあフィルムフェスティバル

PFFアワード2017グランプリ獲得!

『わたしたちの家』

監督:清原惟 [2017年/カラー/80分]

☆5月16日DVD発売!☆
出演作「わたしたちの家」を含めた4作品が収録されているDVD
『東京藝術大学大学院映像研究科 第十一期生修了制作作品集2017』
5月16日に発売されます!

終了しました!⭐︎2018年3月22〜25日⭐︎

2018年 3月 22日(木) 〜 3月 25日(日)

ミクニヤナイハラプロジェクト『曖昧な犬』
作・演出:矢内原 美邦
web ⇨ http://www.nibroll.com/aimai-dog.html


終了しました!⭐︎2018年4月6-7日⭐︎
アンジェリカ・リデル ¿Qué haré yo con esta espada?
シャウビューネ劇場(ベルリン)にて開催される
Festival of International New Drama 2018にて上演。

詳細はこちら⇩

終了しました!⭐︎2018年5月26・27日⭐︎

ANGÉLICA LIDDELL / ATRA BILIS ⇦こちらをクリック!
¿Qué haré yo con esta espada? (Trilogía del infinito)
26/05/2018 - 27/05/2018


⭐︎監督映画2作品動画配信中です!⭐︎

『おーい、大石』

予告編⇨https://www.youtube.com/watch?v=3lSh4puER7E …
購入⇨http://aoyama-theater.jp/feature/pff


『二羽の鳥、徹夜祭。』

予告編→https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=7WyppppBb-8 …

⭐︎

菊沢将憲監督作品「おーい、大石」

PFFアワード2016入選!


◇映画◇

☆オンライン配信中!☆

ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2015」入選!
『ひとつのバガテル』 監督:清原 惟

◇その他◇

⭐︎2016年11月2日発売⭐︎

「シアターガイド」12月号にアンジェリカ・リデルとの日々についての特集記事を書かせていただきました。


☆2012年11月21日発売☆

空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」
※出演した7月6日の空気公団ライブから音源収録。
空気公団ニューアルバム「夜はそのまなざしの先に流れる」 予告

☆2012年11月22日発売☆
『野田秀樹 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』野田秀樹さんとの座談会の様子が掲載。

⭐︎Web CM 出演中⭐︎
カツラ型IoTデバイス「ウェアラブル芸人(Wearable Comedian)」

⭐︎出演作予告編⭐︎

Facebookhttps://www.facebook.com/masanori.kikuzawa.9
instagramhttps://www.instagram.com/masanorikikuzawa/

2012年12月4日火曜日

選挙が、始まる。

東京都知事選挙、衆議院議員選挙、東京都議会議員補欠選挙、最高裁判所裁判官国民審査、12月16日。自分が持っている大事な一票、今、自分が本当に信じられる人に投じよう。

1時間10分にわたる会見。不明瞭、不誠実な部分は全く感じられず、自分が何となく気持ち悪く思っていた部分をズバッと切ってくれてます。

テレビでは絶対に流れないでしょうね。
テレビは全く見ないので、平気ですが。

前回の都知事選では自分が信じた人は選ばれず、結局あの方が都知事に収まりましたが、あの時に投じた一票は「自分はそうは思っていないんだ」という意思表明として、大切な行動でした。今回の都知事選では、宇都宮けんじさんを支持します。

自分の専門は俳優で、政治を専門でやろうっていう人ほどには、政治について考えてはいられない。だからこそ自分が支持する人は、真剣に考えていきます。

口では正しいことを言いながら、利権を手にしたとたん、豹変する人たち、それが政治家。
もうそうじゃない人たちが出て来てもいいんじゃないだろうか。
そうじゃない人たちに陽があたる時がきてもいいんじゃないだろうか。

そんな世界をつくるのは、今の自分の責任でもある。

せっかく東京に出て来たのに、そこで出会った大好きな人たちが次々に東京を捨てて出て行く。そんな悲しい都市に東京をしたくないと、切に思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿